うつ病に関する情報サイト

うつ病と生活

このサイトでは、うつ病の人は結婚しにくいのかということについて検証していきます。実はこの病気は、妊娠をきっかけに始まる女性が多いのをご存じでしょうか。又、一人暮らしをしているとサポートが得にくいので気を付けたい点についても触れる予定です。パートナーがり患している際、離婚することは可能なのかということや以前かかっていて再発してしまった時に重症化する可能性はあるのか、というみんなが気になる点も紹介します。

うつ病の人は結婚しにくい?

うつ病の人は結婚しにくい? うつ病は国民業となりつつありますが、日本人は比較的まじめな人が多いので罹患するケースが多いです。
うつ病になってしまうと結婚生活には大きな支障をきたしますが、これは本人だけでなくパートナーにとってもつらいことが多くなります。
うつ病の症状にはいろいろなものがありますが、眠れなくなったり感情のコントロールができなくなるので配偶者に当たり散らしてしまったり、日常生活がこれまでのようにうまく送れなくなるので注意が必要です。
しかし、相性の良いカウンセラーやクリニックに相談することで、心のもやもやが晴れて以前と同じように暮らすことができるケースもあります。
まずは、身近な人に相談して一人で苦しみを抱えないようにしましょう。

入院費用はどれぐらい必要になるのか

入院費用はどれぐらい必要になるのか ストレス社会ということもあり、精神的な疾患で悩む人は増えているといわれています。
特に憂鬱な気分が長く続くうつ病は代表的な存在です。
比較的軽度である場合は、通院で対応できるので治療費の負担もそれほど多くありません。
うつ病の症状も個人差があり、かなり悪化している場合や自宅で療養できる環境が整っていない場合は入院で集中的に治療を受けることもあります。
自傷行為があるときや、体力が著しく低下しているとき、他の病気を併発しているときなども、入院でゆっくりと治療をすることを考えていきたいところです。
とはいえ、長期に病院に滞在するとなると、どれぐらいの費用が必要になるのかも気になるところです。
費用では、入院基本料のほかに差額ベッド代や食費、日用品の購入費なども必要です。
長期に滞在すればするほど多くの費用が発生することになります。
多くの治療費を用意するのは難しいという人もありますが、健康保険を利用すれば自己負担額は3割になります。
とはいえ、個室を利用した場合の室料差額や食費は自己負担です。
公的な保険に加入している人は高額療養費制度も利用できますので、こうした制度も上手に活用していきましょう。
長期に仕事ができない場合は、会社から傷病手当金を受け取ることもできます。
安心して治療に専念するためにも、治療費の負担を減らす方法も確認しておきましょう。

うつ病を発症した時のおもな状態について見ていく

今では全国で約500万人もの方々が、うつ病を患っています。
昔だと特異な精神心疾患だと考えられてきましたが、現代社会のようなストレスが蔓延することで、誰もが患う心の風邪と言われるようになりました。
ここでは、うつ病を発症した時のおもな状態について見ていきましょう。
ステージ1の軽症の場合は、不眠・疲れがとれないというものです。
この場合は軽い抗不安薬を処方されれば、約半年で治ります。
ステージ2の中度の場合は、朝起きられない・食欲がないというのがおもな状態です。
心療内科を受診して、カウンセリングを受けるのが望ましい治療です。
ステージ3の重度となると、幻聴・幻覚・被害妄想が加わります。
部屋から出てこられない、誰かに見張られてるといった被害妄想の度合いが大きく、通院よりも入院治療を進める医者が多いです。
SSRIという中枢神経系のお薬も必要で、完治をさせるには約10年以上も服薬をしなくてはいけないのが特徴です。

仕事のストレスがうつ病の原因になることもある

仕事のストレスや職場の人間関係などによって、うつ病を発症してしまうことは決して珍しいことではありません。
うつ病の原因は色々ありますが、はっきりと分からない部分も多くあります。
環境の変化や身体的な不調など複合的な要因が重なり合っている事も多いです。
特に真面目な性格で責任感が強かったり、几帳面で周りの評価が気になるタイプの人は発症しやすいと言われています。
うつ病になった時には、早めに医療機関を受診して専門家の判断を仰ぐことが大切です。
職場でのストレスが原因となっている場合、そのまま放置して仕事を続けてしまうと悪化して日常生活に支障をきたすこともあります。
深刻な状況にまで悪化した時には復帰するのが難しくなることも多いですから、場合によっては休職する方が良いことも多いです。
自分の状況を会社にも報告し、負担を減らしてもらうとか周囲の理解を得るようにすることも大切になります。
経済的な支援制度などもあるので、上手く活用するようにしましょう。

うつ病かもしれないと思ったら早めに受診するのが大切だ

うつ病は重症になると自ら命を絶つことを考える場合もあるので、早めに受診して治療を始めるのが大事です。
うつ病は気分が落ち込んだ状態が長く続くことが特徴ですが、気持ちが落ち込むことは誰にでもあるため、病気になっているのかの判断が難しいと思う人も多いかもしれません。
しかし、この病気になると普通の気分の落ち込みとは違って、気晴らしに趣味などを楽しむことさえも難しくなったり、妄想的なことを考えたりする人が多いので、おかしいなと思った時には精神科などで相談してみることをおすすめします。
なお、うつ病の疑いがある人が病院を受診する時には、家族や患者さんの様子をよく知っている人などが一緒に行くことも役に立ちます。
それは、医師がこの病気の診断を行う時に患者さん本人と話すことで病状を判断しますが、家族などが付き添えば、本人以外からの情報も得ることができてより客観的な診断がしやすくなるからです。
うつ病は早期に治療を始めるのがおすすめですから、異変に気づいたらためらうことなく病院に行ってみるのが良いでしょう。

うつ病を発症するのに関係する要因とは何?

うつ病を発症するメカニズムは、現在のところ明確に解明されているわけではありません。
しかし、仕事でプレッシャーを受けている等大きなストレスを感じていたり、人間関係で悩んでいるとか引っ越し等で環境が激変するといった要因が考えられます。
また、家族など身近にいる人を亡くしたり、離婚したこと等が影響することも多いようです。
環境の変化は大きなストレスになるので、それがうつ病の引き金になることも珍しくありません。
ただし、1つの要因だけで発症するというのは意外と少なく、複数の要因が複雑に関係して発症することが多いと言われています。
ネガティブな変化だけではなく、結婚など喜ばしいことが人によってはストレスになってしまうこともあります。
それから真面目で責任感が強い性格の人もうつ病になりやすいと言われています。
そういったタイプの人は必要以上に無理をしてしまったり、ストレスを溜め込んだまま発散できないということが多いです。

クリニックで治療を受ける前にまずはうつ病の基礎知識を身につける

日中は眠くなることが多いのに夜になると目が冴えて不安な気持ちになりなかなか寝付けず常に睡眠不足、誰かと会話をしたりSNSでコミュニケーションをとったりするのが億劫で逃げ出したくなる、物事に対して興味関心を持てなくなり何をしても楽しくない、気分が落ち込み自分に自信が持てなくなり悲しくて涙が止まらなくなるなどうつ病の疑いがあり、クリニックを受診しようとしている方は多いのではないでしょうか。
クリニックで治療を受ける前に、まずはうつ病についての基礎知識を身につけておくべきです。
うつ病は経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの働きが悪くなることが原因で起こる精神疾患で、メンタル不調のみのあらず食欲不振や睡眠障害や頭痛や腹痛や胃痛や下痢や吐き気などの体調不良も起こります。
就活や妊娠出産などのストレスで発症することもありますし、病気や事故などショックが引き金となることも多いです。
病気について詳しく知ることが、治療におけるモチベーション向上につながります。

うつ病になった場合の就職の進路と就活の考え方について

うつ病になる人は真面目で責任感が強い人が多い傾向があり、仕事や勉強で良い結果を出すために限界以上に努力して燃え尽きてしまうことが原因で発症するケースも少なくありません。
またプレッシャーがかかる状況においても同様であり、真面目過ぎることから人間関係や責任を全て自分のせいにしてしまう傾向があります。
うつ病の人が就活をする時には、症状の程度によって仕事を選ばなくてはいけません。
人間関係が大きなプレッシャーになった人は接客業や営業などの仕事を志望するのは少し考えてみます。
自分に続けられる状況なのか、適性があってストレスに耐えられるかを考えてみるのです。
就活はゴールではなくスタートなので、働いた後に短期離職するようなことになるとキャリアも心の面でも大きな負担になってしまいます。
症状が重い場合には無理に就職をしないで、治療して症状が緩和してから働くことも視野に入れなければなりません。
症状や適性を医師やサポートメンバーに相談しながら、将来の進路を考えてみることがお勧めです。

うつ病の人との接し方の上手な方法と話し方

"うつ病の人と接する時には、相手を刺激しないようにゆっくり穏やかな気持ちで話すことが重要です。
決して強い口調で非難するようなことをしてはいけません。
相手にプレッシャーがかかるだけ画はなく、自己肯定感を消失してしまうことになり大きな心のダメージを受けてしまうからです。
うつ病の人との接し方は、特別に優しくし過ぎてもだめですし、相手との距離感を縮め過ぎてもいけません。
適度な距離感と朗らかな態度を崩さずにすることが重要です。
そして相手の話に耳を傾けたり、静かに見守りながらサポートして回復することを待ちます。
例えば仕事がきっかけでうつ病になってしまった場合には、無理に働くことを促さずに失業保険や傷病手当を使ってゆっくり休むことが必要です。
社会復帰は出来ることから始めればいいというスタンスで、家事や買い物など簡単なことから始めてみるのもいいかもしれません。
いきなり復帰してしまうと再発して、より重大な症状になってしまうこともあるのです。

辛いうつ病の症状が出やすい年代は更年期を迎える40代

集中力低下や気分の落ち込みや躁鬱混合状態やイライラや無気力状態や胃腸障害や頭痛や不眠や倦怠感など、うつ病の症状は幅広く日常生活に大きな影響を及ぼします。
そんなうつ病の症状が出やすい年代と言えば40代です。
とくに多くみられるのが女性で、更年期障害の症状の延長線上にうつ病があるというケースがほとんどです。
更年期障害は、卵胞ホルモンのエストロゲンが閉経に向けて分泌されにくくなり、それがホルモンバランスの乱れとなりホットフラッシュなどの不快な症状が出ます。
体だけではなく精神面にも不調が出るというのが更年期障害の特徴で、そのメンタル不調がうつ病に発展するというケースが多いです。
40代女性のメンタルヘルス対策として有効的なのが、メンタルクリニックと婦人科クリニックの両方を受診して多角的なアプローチで不調を取り除いていくという方法です。
メンタルクリニックでは心のケアをしてもらい、婦人科クリニックではホルモンバランスを整えてもらうというアプローチで、心身の健康を取り戻しましょう。

うつ病を患った際の精神科・心療内科クリニックの選び方

お金と時間をかけて長年興じてきた趣味に対して一切興味が持てなくなり興じていても全く楽しくない、悲しくて涙がこぼれてきたり激しい気分の落ち込みで引きこもったりすることが増えた、集中力が維持できず仕事のパフォーマンスが低下しケアレスミスが多くなり自己嫌悪に陥るなど、心の不健康さに悩まされている方は多いのではないでしょうか。
その不健康さの原因はうつ病かもしれません。
うつ病は見て見ぬふりをしてほったらかしたり軽視してケアを怠ったりするとあっという間に進行して根深い悩みに発展しますので、一刻も早く精神科・心療内科クリニックでカウンセリングを受けるべきです。
クリニックの選び方についてですが、着目すべき点は設けている診療科目や治療メニューや治療方針や診療時間や休診日や場所です。
専門性の高いメンタルクリニックに行くことに対して抵抗がある場合は、内科診療も行っていて体の健康サポートもしてくれるクリニックを選ぶのがおすすめです。

カウンセリングを探す

本町 うつ病